次のような症状がありませんか?
1 朝起きると口が渇いている
2 朝起きるとのどがカラカラ
3 歯磨きしているのに歯が汚れる
4 口内炎ができやすい
5 よく風邪を引く
空気中には病原体(ウイルスや細菌)、有害物質が常に存在しています。
通常は鼻で呼吸しますので、鼻毛や鼻水がフィルターになり、それらの物質をホコリや塵、ばい菌なんかを取り除いてくれるのです。

また鼻は、加湿機能や空気清浄機能が備わっていて、呼吸時に乾燥した空気を肺に入れません。

口呼吸は口の周りの筋肉が緩んで起こります。
したがって口の周りの筋肉(口輪筋 こうりんきん)を鍛えることによって改善してきます。

このとき使うのが・・・
パタカラ!!
(リップトレーナー)
パタカラで口輪筋UP!!
表情筋UP 鼻呼吸に 舌の位置が変化
小顔効果! 口臭が消える!
歯周病の改善!
免疫力UP!
いびき改善!
筋肉である表情筋は、口の周りを囲むようにある口輪筋から放射状につながっています。

口輪筋を鍛えることによって、顔全体の表情筋も自然にトレーニングされ引き締まります。

最近ではエステでも小顔ケアのアイテムとして使用されているそうです。
口呼吸によるお口の乾燥は、口臭や歯周病などの原因になります。

のどの乾燥は、風邪をひきやすくなったり、免疫力に関わる扁桃腺にもダメージを与えます。

鼻呼吸することで口の乾燥を防ぎ、お口の病気を改善し、免疫力をUPさせましょう。
いびきは自身の体にとってとても危険なもの。

「睡眠時無呼吸症候群」もそのひとつ。(睡眠中に呼吸停止状態が断続的に繰り返される病気。その結果十分に睡眠がとれず、日中の眠気、集中力に欠ける、居眠りがちになる、などの弊害を及ぼすと考えられています)

いびきには肥満など別の因子も考えられますが、睡眠時の舌の位置がいびきを起こしたり、無呼吸状態にさせたりします。
唇に力がある人は、顔が引き締まり、若々しく、魅力的に見えます。

笑顔レベルも2ランクUP!!


ぜひ、お試しください。効果は必ず現れます。

Copyright 2005 Sekine dental office. All rights reserved
それに対して、口で呼吸したときはどうでしょう?
フィルターになるものはなく、空気中の病原体やほこり、熱や乾燥を直接吸入してしまいます。

その結果、のどの粘膜が乾燥し風邪をひきやすくなったり、免疫に関わる扁桃腺(へんとうせん)が腫れたり、体に支障をきたします。


例えば・・・。
・・・鼻づまり、鼻炎
・・・むし歯、歯周病、口内炎、口臭
全身・・・アトピー、風邪
睡眠・・・いびき、睡眠時無呼吸症候群、睡眠障害から起こる事故
 口で呼吸すると、なぜ問題が発生するのでしょうか?
 口呼吸を改善するには?
TOP関根歯科クリニックの使命クリニック案内感染予防・滅菌スタッフルームプライスリスト
このページのTOPへ
口呼吸は大変!