TOP関根歯科クリニックの使命クリニック案内感染予防・滅菌スタッフルームプライスリスト
虫歯にならないための正しいおやつ!
子供に与えるおやつとは本来どんな意味があるのでしょうか?そして虫歯との関係は?

おやつは3度の食事を補うためのもの。1回の軽い食事と考えます。そのおやつを甘いものばかり与えていると肝心な3度の食事のとき、食欲を減退させてしまいます。
味覚が発達する3歳くらいまでは、お菓子やチョコレートは食べさせないほうがよいでしょう。味を知らなければ食べたがることもありません。

子供の虫歯はどう防ぐのか?最大のポイントは『おやつの与え方』です。
食後の歯磨き
1 量を与えすぎない
2 時間をきめて食べる(ダラダラ食いの予防)
3 栄養のバランスを考える
4 甘いものお菓子類をとり過ぎない
5 スポーツ飲料やジュースをとり過ぎない
6 噛みごたえのあるものを与える
7 買い食いをさせない
この中でもスポーツ飲料のとりすぎない 時間を決めて食べる ことが最も重要です。これは虫歯のできるメカニズムを考えるとわかります。

下の表が虫歯のメカニズムです
左から右に向かって見ます。食事をするとお口の中のペーハーが7付近から5以下に下がります。これはお口の中が酸性になっていることを表します。酸性ですから、歯の表面のエナメル質というものが溶けます。 

歯の表面が溶ける = 虫歯   です。

しかし唾液の効果によりすぐに元の中性に戻ります。 これが再石灰化です。
上の表はおやつをダラダラと食べているお子様のお口の状態です。
唾液による再石灰化が間に合わず、常にお口の中が酸性の状態です。表でいうと緑の部分です。

こうなると 虫歯の発生です。 いくらフッ素を使っても虫歯ができてしまいます。
1日同じ量のジュースやお菓子を食べる場合でも、時間を決めて食べていれば、虫歯にはならないということです。

また、ジュースではなく水やお茶などでお口の中の食物の残りを流してあげると、再石灰化の効果は高まります。

   ダラダラ食いをやめよう!

当院では、お子様の治療時には虫歯を削って埋めて終わり、というやり方はしておりません。
理由は、上記にもあるように、虫歯は食事の影響を非常に受けることがわかっているからです。

虫歯の治療と同時に、食事法を確認・改善し、お口の環境を虫歯にならない様に整えていくことで、初めて永久歯カリエスフリー(永久歯で虫歯が0本)が達成されます。

したがって、治療の流れは・・・

1 親子ブラッシング指導

お子様自身にブラッシングを教えます。しかし、十分磨けるものではありません。食べたら歯ブラシを使う習慣を教えることに重点をおきます。
その後、必ず、お母様又はお父様が仕上げ磨きをしてあげて下さい。仕上げ磨きの仕方もお教えします。

2 歯科衛生士によるブラッシングと汚れ落とし(クリーニング)です。

歯科医院に慣れる、治療用の椅子に慣れる、ことを目的として、最初の数回は汚れ落としをしていきます。
歯医者さんは削るところではなくて、歯磨きをする楽しいところなんだよ、というのを理解してもらいます。

3 いよいよ虫歯を取って詰めます

大きな穴が開いている虫歯のみ修復していきます。小さな穴や虫歯になりかけているものは削りません。定期的にフッ素を塗り、汚れを落としていけば穴にはならないからです。

4 虫歯予防のフッ素

フッ素を塗ることで歯の表面を硬くし、虫歯になり難くします。2,3ヶ月に1回の頻度で塗っていくとよいでしょう。
また、ご家庭で毎日歯磨き後に塗る低濃度のフッ素もお勧めいたします。(実はこれが重要!)
高濃度のフッ素を1年に1回塗るよりは、低濃度のフッ素を毎日塗るほうが効果的です。

5 定期検診

お口の状態により1〜3ヶ月に1回の定期検診をご案内いたします。虫歯を削って詰める作業よりも、数ヶ月に1回の定期検診のほうがとても、とても重要です。
このとき歯並びの乱れもチェックしていきます。必要があれば矯正治療のご説明もいたします。
当院の小児治療について
悪くなった歯並びをもとの正常に戻す。これは病気→治癒 です。
さらに原因→病気 の過程を考える必要があります。

その原因のひとつであり、大きなウエイトを占めるのが、『態癖 たいへき』 つまり悪い癖です。 

横向きで寝ていたり、頬杖を付いたり、顎周りに何らかの力が加わっていることがあります。 

これは改善していく必要があります。  詳しくは後ほど・・・。


足利市 こども医療費助成制度について
 
 足利市役所のホームページを参照にしてください
治療が上手にできたちびっ子は、歯科衛生士のお姉さんから『コイン』をもらおう。

帰るときにガチャガチャができるよ!!
Copyright 2005 Sekine dental office. All rights reserved

治療例
1ヵ月後・・・
子供の矯正治療
前歯の生え変わる5歳〜7歳くらいは特に注意してください。
歯の生え変わりを上手にコントロールしないと、凸凹の歯並びになってしまいます。
将来、虫歯や歯周病になりやすいお口になることは間違いまりません。

症状が軽いうちならば、早く、安く治療が可能です。

ご心配な方は一度ご相談下さい。