顎の骨にインプラントを埋めます(外科的処置です)


埋めた位置の確認のためレントゲン撮影
ピンク色が歯肉、
オレンジ色が顎の骨です。
TOP関根歯科クリニックの使命クリニック案内感染予防・滅菌|スタッフルームプライスリスト
インプラント
このページのTOPへ
Copyright 2005 Sekine dental office. All rights reserved

インプラントとは、歯を1〜数本失った場合、歯の機能を代用させる目的で顎の骨に埋め込む人工的な物質(現在ではチタンが多く使われる)です。

前後の歯を削ってセメントでつけるブリッジや、取り外しの入れ歯と違って、周囲の歯に負担をかけないため、歯を失った場合の第一選択の治療法です。

インプラント治療にはしっかりした顎の骨が必要なため、歯周病などで歯を支える骨が極度に破壊されている人は、インプラントはできません。
または、顎の骨を作るための手術を別に受ける必要があります。

当院のインプラント治療の流れ
1.診査
2.レントゲン撮影
.手術
お口の写真、型どりによる模型、お口全体の診査(歯周病やむし歯)などを診査します。
インプラントは顎の骨に埋めますので、骨の厚みと高さが分からなければなりません。縦と横から撮影いたします。
縦(断面)
デジタル画像なので画面上で距離を測ります。
最適なインプラントの太さ長さ埋める位置が診断できます。
被せ物が入ります。(当院では白い被せ物です)
2〜3ヵ月後にインプラントと骨がくっついていることを確認して(レントゲン&揺れがないことを確認します)、土台を立てます。

土台の形態を修正して型を取ります。
4.被せ物型どり
ブラッシング指導をいたします。手術後は歯肉が傷ついていますので、非常に柔らかい歯ブラシを使います。

奥の1本の歯が、手前に倒れてきています。

インプラントを埋めて、そのインプラントを使って奥歯をもとのように起こしました。

歯の連続性も保たれ、しっかり咬めるようになったとのことです。