今までたくさんの方が、歯磨きさえしっかりしていればむし歯・歯周病にならない、と言われて一生懸命歯磨きを行ってきたのではないでしょうか。

しかしそれでもひとつ、またひとつとむし歯になり、歯がなくなっていませんでしたか?


むし歯・歯周病は風邪などと同じで、ばい菌による感染症です。したがって正しい予防法・治療法はばい菌を可能な限り少なくし、同時に体の免疫力をUPさせ、健康を維持することです。
1 食べたらブラッシング

食後には必ずブラッシングしましょう。何かを食べたら、その食べかすを取り除くだけで良いのです。プラークの原因である食べかすを取り除くだけです。

いわゆるゴシゴシと“磨く”必要はなくなります。食べかすは簡単に取れるのでゴシゴシ磨く必要がないわけです。

2 家の中のいたる所に歯ブラシを置きましょう

洗面所はもちろん、風呂、台所、職場、そして外出時のバッグの中など、どこにでも置きましょう。

歯を磨かなければと思った時に手元にないと、あとで磨けばいいやとなってしまいます。思い立った時が歯磨きチャンスです。
(ちなみに私、関根もいたる所に置いてます。)

3 食後と寝る前にキシリトールガム

食後ブラッシングの前または後にキシリトールガムを1粒。また寝る前にも1粒。しっかり噛んで、魔法の液体“唾液”を十分にだしましょう。

唾液には
歯の再石灰化の力があります。これが本来人間に備わっているむし歯予防の力です。最大限に活用しましょう。

4 手鏡を見て磨きましょう

なにかをする時、目標を見ないですることはありえません。必ず目標とするものを目で確認しながら作業するはずです。歯磨きも同じです。

必ず
手鏡を見て、「歯はどのくらい奥まであるのか」「何本あるのか」確認しながら磨きましょう。
慣れてくれば、感覚でわかるようになります。まずは見て磨きましょう。

5 “磨く”から“マッサージ”へ

歯科医院で定期的にクリーニングをして、お口が清潔に保たれている人のプラーク(歯こう)は、歯ブラシで簡単に落とせます。
したがって力をいれてゴシゴシやるのではなく、
確実に必要な場所に毛先が当たることが大切です。

そこで歯磨きのイメージを
ゴシゴシ“磨く”から、歯ぐきを“マッサージ”する、に変えてください。歯ぐきをマッサージするように優しく毛先をあてると自然と歯も磨けています。さらにマッサージの刺激により歯ぐきの自然治癒力がUPします。(これが重要!)

6 舌もブラッシング

舌の表面もばい菌が多数存在しています。歯ブラシではほとんどばい菌の数を減らせないというデータがありますので、専用の『舌ブラシ』でやさしく磨きましょう。
口臭予防にもつながります。

7 定期的クリーニングを受けましょう

プロのブラッシングテクニックを体験しましょう。当院では定期的クリーニングのときに、歯科衛生士によって歯磨きをさせていただいております。歯肉マッサージを毎回体で(お口で)体験し、感覚的に覚えてください。

さらに器械で歯をつるつるに磨き、白さをワンランクUPさせます。もちろんプラークや着色、ヤニなどもきれいに落とすことで、ばい菌の量も減り、お口がさっぱりいたします。
予防効果は抜群に高いです

8 上手くできない方は音波ブラシも使いましょう

手で磨くことが苦手な方も多数いらっしゃいます。そんな方には音波ブラシがお勧めです。ただの電動歯ブラシではありません。ちょっと値が張りますが音波ブラシをお使いください。

ゴシゴシ動かす必要はなく、ただ当てればよいからです。しかも歯ぐきが傷つかず、マッサージ効果も十分期待できます。

ホワイトニング後や矯正治療中の方には絶対!!おすすめです。
(当院でも扱っておりますのでご用命はスタッフまで。もちろんご指導させていただきます。売りっぱなしにはいたしませんのでご安心を・・・。)


Copyright 2005 Sekine dental office. All rights reserved
健康を保つためのブラッシングの“コツ
TOP関根歯科クリニックの使命クリニック案内感染予防・滅菌スタッフルームプライスリスト
このページのTOPへ
お口の健康を保つためのブラッシング