TOP関根歯科クリニックの使命クリニック案内感染予防・滅菌スタッフルームプライスリスト
母子感染
今はテレビCM、雑誌などにより様々な情報が発信され、お口の中の健康を維持していく為に予防していく事の大切さは皆様に浸透してきていると思います。

小さなお子様を持つお母様方は、かなり予防に関する意識が高いです。とても良いことだと思います。

そもそも、お子様の虫歯菌はどこから来るのでしょうか?

虫歯はいくつかの要素が重なってできてしまいます。もちろん、磨き残しである細菌のかたまり(プラーク)がついていれば、その部分は溶かされ、虫歯になってしまいます。

一番の原因となるのが、虫歯のきっかけをつくるミュータンス菌の数です。ミュータンス菌が多い人ほど、虫歯になりやすいです。

この
ミュータンス菌は生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中には存在しませんなぜならば、ミュータンス菌は硬い組織の上、つまり『歯』でしか存在する事ができないので、歯が生えていないお口の中では、生きていく事ができないのです。

お口の中にミュータンス菌が感染するのは、
歯が生えはじめる生後6ヶ月頃からで、3歳頃までがピークといわれています。ミュータンス菌は赤ちゃんと触れ合う機会の多い家族からの感染が一番多く、食事中のスプーンの共有や、口移し等で唾液を介して移ります

主に母親からの感染が多いので、母子感染とよばれています。

赤ちゃんのお口の中のミュータンス菌を0にする事は、難しい事だと思います。

ミュータンス菌は、
スプーンやおはしの共有はもちろん、くしゃみをした時の唾液、熱いものをさます時フーフーした唾液でさえも、感染してしまうのですから・・・。


まずは
赤ちゃんと一緒に過ごされるご家族のお口の中の環境をよくしてあげる事、虫歯があればしっかりと治療をし、ブラッシング法を学び、定期的にクリーニングすることで、ミュータンス菌をコントロールすることが重要です。

お子様の歯はお母様がしっかりと守っていかなければいけないのです。

ちょっとした気配りで、大切なお子様を虫歯菌から守ることができるのです。



このページのTOPへ
Copyright 2005 Sekine dental office. All rights reserved